新着トピックス

第73期司法修習生第二次採用募集要項及び個別説明会について

当事務所は、第73期司法修習生の第二次採用選考を行うことにいたしました。
 (なお、第74期司法修習予定者の方の採用選考に関しては、本年の司法試験合格発表日の前後頃にお知らせする予定です。)
以下、募集要項です。

【募集要項】
1 募集人数
  1〜2名
2 選考方法   
  書類審査の上、書類審査を通過した方に面接審査を実施いたします。
3 応募方法   
  以下の応募書類を応募期間内に当事務所宛に郵送にてご提出下さい。  
  (応募書類は返却いたしませんので、ご了承下さい。)
[応募書類]
① 履歴書(市販のもので可。写真貼付のこと)
・現住所、導入修習中の住所、実務修習地、並びに、ご連絡先として、必ず連絡の取れるメールアドレス及び電話番号を明記してください。
・地方赴任を希望される方は、履歴書に「地方赴任希望」と明記してください。
・書類選考の合否等、今後のご案内はメールにて行います。そのため、メールアドレスは、お間違えのないようにご記載ください。ハイフン、アンダーバー、大文字、小文字等、間違えやすい文字、記号は特に注意してご記載ください。メールアドレスに誤記や判読不能文字があった場合、ご連絡できないまま手続を進めざるをえなくなることがありますので、ご承知おきください。
② 応募理由書(1500字程度。また、司法修習中に感じたこともご記載ください。)
③ 成績証明書(最終学歴のもの)
④ 司法試験成績通知書の写し(合格した年の短答・論文試験のもの)
⑤ (予備試験合格者の方)予備試験成績通知書の写し
⑥ 任意提出書類
・TOEICその他の語学能力を証明するもの、法律関連資格等、弁護士業務との関係で自己PRになるものがあれば、写しをご同封下さい。なお、任意提出書類に該当するか否かの問い合わせには応じられませんので、ご自身で判断して下さい。
4 応募期間   
  本日~2020年10月11日(日)(必着)
5 面接要領
(日程)2020年10月24日(土)
(場所)当事務所
・書類審査を通過した方に、上記の日程で面接を1回受けていただきます。面接を受けていただく方には、2020年10月19日(月)頃に、メールにて、面接の時間を通知いたします。
・面接の時間は当方で指定させていただきますが、遠隔地に住んでいる等の特段の理由により時間帯に制約のある方は、応募書類郵送時に書面にて申し出てください。可能な範囲で配慮いたします。
・新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、会場に密集することを防ぐために、面接をする一部の弁護士がZoomにて面接に参加いたしますことをご了承ください。

【個別説明会について】
当事務所の二次募集にご応募を検討されている方で,ご希望の方に向けて,個別説明会を実施いたします。  
個別説明会は,担当弁護士より,希望者の方に個別に当事務所の概要を説明したうえで,質問があればそれにお答えするものです。時間は概ね30分程度です。当事務所にお越しいただいて対面する方法か,もしくは Zoomによって実施いたします。  
ご希望の方は,kitapubinfo(at)kp-law.jp (※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。)に,個別説明会に参加希望の旨をメールしてお知らせください。その際は,①お名前,②出身法科大学院(法科大学院に在籍したことがない方は出身大学),③連絡のつく電話番号,④連絡のつくメールアドレスをご記載ください。
メールをいただいた方には,後日,担当弁護士からご連絡を差し上げますので,その際に,双方の都合やご希望に従い,日程と方法(当事務所にお越しいただくか,Zoomか)を調整させていただきます。
なお,最終受付は9月30日(金)までとさせていただきます。  
当方で対応できる人員が限られていますため,ご希望者が多数の場合には,お断りせざるを得ない場合がございます。大変恐縮ですが,あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
また,同様の理由から,他の希望者の方と一緒に説明を受けていただくかもしれませんので,こちらもあらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

【事務所概要】  
当事務所は、刑事対応型都市型公設事務所です。  
刑事弁護のプロフェッショナルとして、死刑求刑事件など重大な刑事事件の弁護を担うほか、地域に根ざした法律事務所として、区、地域包括支援センター、権利擁護センターなど行政との連携を深め、高齢者・障がい者などの社会的弱者の人権擁護活動にも積極的に取り組んでおります。加えて、過疎地における弁護士需要に応えるべく、当事務所で養成を受けた数多くの弁護士が、ひまわり基金法律事務所や法テラス各地方事務所に派遣されています。さらに、法曹養成に携わり、エクスターンシップ(一橋、慶應、早稲田、上智、青山学院)の受け入れを行っております。
上記の各分野に関心があり、市民のための弁護士として、どんな事件でも厭うことなく引き受ける意欲のある方を求めます。

〒120-0034  東京都足立区千住3-98-604 千住ミルディスⅡ番館
TEL03-5284-2101 FAX03-5284-2104
ホームページ;http://www.kp-law.jp/
弁護士法人北千住パブリック法律事務所
代表弁護士 押 田 朋 大

2020年9月14日 8:52 AM  カテゴリー: 採用情報

この記事をシェアする

Facebook Twitter

【受付開始】刑事実務検討会(10月12日)のご案内

 当事務所では刑事弁護の実務に関するテーマを決めて,当事務所所属の弁護士による報告内容等をもとに,参加者全員でその理解を深める「刑事弁護実務検討会」を当事務所にて定期的に開催しています。

 今回は,当事務所の寺岡俊弁護士及び桑原慶弁護士を講師として,両弁護士が今年獲得した無罪(非行事実なし)事件の報告を行います。
 日本における年間の無罪判決の割合は約0.2%(平成30年司法統計・地裁の終局区分別人員より)とごくわずかです。また,少年事件は成人の刑事事件より件数が少ないこともあり,非行事実を争い,非行事実なしとされる事件は無罪判決の件数よりも更に少ないと考えられます。そのため,これらを獲得するために具体的にどのような活動をしたのかを聴く機会はあまりありません。
 これらの貴重な報告を基に,講師によるミニ講義や参加者の質疑応答も踏まえて,無罪(非行事実なし)を獲得するために必要な準備や活動について考えます。

 この検討会は,弁護士・司法修習生・法科大学院修了生・法科大学院生・法学部生等,刑事弁護に関心のある皆様の参加を歓迎しております。 参加を希望される方は,準備の都合上,事前のご連絡下さい。
 なお,今回の刑事弁護実務検討会は,Zoomを利用して行います。参加をご希望の方は,事前にURLをお送りいたします。

開催日時:2020年10月12日(月)18時30分~
テーマ:無罪(非行事実なし)事件の報告
講師:寺岡俊弁護士,桑原慶弁護士

参加お申し込み先メールアドレス kitapubinfo(at)kp-law.jp
※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。

2020年9月9日 9:32 AM  カテゴリー: 研究会等のご案内

この記事をシェアする

Facebook Twitter

2020年度インターンシップについて

 北千住パブリック法律事務所では,当事務所の職務内容に触れていただくために,下記のとおり,インターンシップを実施することとなりました。
 主に,当事務所が力を入れております,刑事事件の業務を中心に体験をしていただきたいと思います。
 ロースクール在学中の学生のみなさまだけではなく,ロースクールを卒業されたみなさま,司法試験予備試験に合格された方も歓迎いたします。  
 新型コロナウィルスの影響で実務に触れる機会が減ってしまっているかもしれません。本インターンシップがみなさまにとって弁護士業務に触れる良い機会となることを願います。

【概要】
1 インターンシップの内容   
 応募者毎に担当弁護士が付きます。   
 基本的には,その担当弁護士が担当している刑事事件について,記録を検討し,起案をしてもらったり,接見に同行してもらったり,公判を傍聴したりしてもらいます。   
 本インターンシップにおいては,一つの事件を継続的に見てもらいたいという趣旨から,期間を応募から本年末までとし,その期間内の10日間ほどの日において活動をしてもらうことになります。活動する日にちは,担当弁護士と協議をしていただき,定めてもらうことになります。   
 また,応募者の人数によっては,刑事事件の法廷における弁論や尋問の技術を学び,実演をしていただく,法廷弁護技術研修の体験もしていただくことを予定しています。

2 期間   
 応募から2020年12月まで

3 活動日・活動時間   
 期間中の計10日程度。活動日・活動時間は担当弁護士と協議の上決めてもらいます。   
 期間がロースクールの授業期間を含むこと,また,後記の新型コロナウィルス対策の趣旨から,活動は原則的に平日夜間または土日祝日となります。   
※ なお,新型コロナウイルスの感染拡大の状況等によっては,インターンシップの日程や内容等が変更になったり,インターンシップが中止となったりする可能性もあります。その場合は,当HPまたはメールにてお知らせいたします。ご理解をいただきますようよろしくお願いいたします。

4 活動場所   
 基本的には当事務所で行いますが,プログラムの遂行上事務所外において活動することもあります。

5 待遇   
 日当・交通費等の支給はありません。

【募集要領】
1 応募資格  
⑴ ロースクール在学中の学生  
⑵ ロースクール卒業生  
⑶ 司法試験予備試験合格者

2 定員   
 若干名

3 応募期間   
 2020年8月20日から同年10月19日まで   
※ 定員に達し次第終了

4 応募方法   
 下記の応募書類を応募書類郵送先まで提出してください。  
(応募書類)  
⑴ 履歴書(任意の書式のもの)  
⑵ ロースクールの成績表の写し(1年生の方で,まだ成績表がない方は不要。)  
⑶ 応募理由書(400字程度で記載してください。)
 
(応募書類郵送先)  
〒120-0034   東京都足立区千住3-98-604 千住ミルディスⅡ番館    
 弁護士法人 北千住パブリック法律事務所 インターンシップ担当係
 
(注意事項)   
⑴ 応募書類は返却いたしませんので,あらかじめご承知おきください。   
⑵ 履歴書には,ご連絡先として,必ず連絡の取れるメールアドレス及び電話番号を明記してください。
 選考結果の通知等,今後のご案内はメールにて行います。そのため,メールアドレスは,お間違えのないようにご記載ください。ハイフン,アンダーバー,大文字,小文字等,間違えやすい文字,記号は特に注意してご記載ください。メールアドレスに誤記や判読不能文字があった場合,ご連絡できないまま手続を進めざるをえなくなることがありますので,ご承知おきください。

5 選考   
 応募をいただきましたら,順次書面にて選考を行います。   
 その後,該当者に対し,Zoomによる面接を実施いたします。面接の日時についてはご希望を伺います。   
 選考が済み次第,その結果をすみやかにご連絡いたします。

【新型コロナウィルス対策について】  
 活動日には,必ずマスクを着用していただきます。また,当日の体温・体調,及び,身近な人に感染や感染を疑われる人がいないかどうかを担当弁護士に申告いただき,感染が疑われる事情がある場合にはその日の活動は中止とします。  
 また,事務所への立ち入りは,平日は17時15分以降の夜間と,土日祝日のみとさせていただきます(営業時間内は事務員が勤務するなどしており,事務所内の人数が多いため)。  
 以上のほか,当事務所が新型コロナウィルス感染防止のために必要と定める事項について,応募者のみなさまには誓約書を作成していただき,遵守をしていただきます。

【事務所概要】
 当事務所は,刑事対応型都市型公設事務所です。  
 刑事弁護のプロフェッショナルとして,死刑求刑事件など重大な刑事事件の弁護を担うほか,地域に根ざした法律事務所として,区,地域包括支援センター,権利擁護センターなど行政との連携を深め,高齢者・障がい者などの社会的弱者の人権擁護活動にも積極的に取り組んでおります。
 加えて,過疎地における弁護士需要に応えるべく,当事務所で養成を受けた数多くの弁護士が,ひまわり基金法律事務所や法テラス各地方事務所に派遣されています。
 さらに,法曹養成に携わり,エクスターンシップ(一橋,慶應,早稲田,上智,青山学院)の受け入れを行っております。

【問い合わせ先】
〒120-0034 東京都足立区千住3-98-604 千住ミルディスⅡ番館
弁護士法人 北千住パブリック法律事務所  インターンシップ担当係
TEL : 03-5284-2101 / FAX : 03-5284-2104
Email : kitapubinfo(at)kp-law.jp         
※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。

(個人情報について)
 本インターンシップの実施にあたって当事務所が取得した個人情報は,選考手続,採否に関するご連絡等,本インターンシップの運営・実施,その他当事務所の業務運営の目的でのみ利用いたします。
 ご本人の同意がある場合のほか,個人情報保護法その他の法令により認められる事由がある場合を除き,上記の範囲を超えて個人情報を利用することはありません。

2020年8月27日 9:14 AM  カテゴリー: 採用情報

この記事をシェアする

Facebook Twitter

法律相談のご案内(2020年9月以降の日程など)

  当事務所は,5月18日より,法律相談業務を再開しております。
  9月1日より,当面の間は,以下の要領で実施いたします。ぜひご利用ください。

1 弁護士と対面してのご相談か,電話または「Zoom」を利用したWeb会議システムの方法*による非対面でのご相談かをお選びいただけます。
 対面でのご相談については,30分5500円の相談料を頂戴いたします。ただし,収入と資産の額によっては,当事務所においては法テラスの無料法律相談制度をご利用になれますので(https://kp-law.jp/006/371/),お気軽にお問い合わせください。
 非対面でのご相談については,初回に限り,相談料は無料**となります。相談時間は30分間とします。初回の相談をお受けした結果,必要がある場合には,対面での相談にご案内します。

2 お申込みについて  
 相談の日程は,原則以下のとおりに実施します(祝日は除く。)。
 毎週月曜日 (1)15:30~ (2)16:15~
 毎週火曜日 (1)10:00~ (2)10:45~
 毎週水曜日 (1)18:00~ (2)18:45~
 毎週木曜日 (1)15:30~ (2)16:15~
 毎週金曜日 (1)13:30~ (2)14:15~
 毎週土曜日 (1)10:00~ (2)10:45~  
 いずれの相談枠も事前予約制とさせていただきますので,相談をご希望の方は,まずは当事務所にお電話をお願いします。 相談の実施に必要な情報のご提供を拒絶される場合や,相談される事件について利益相反がある場合などには,ご相談をお受けできないことがあります。

3 予約の申込先 03−5284−2101 までお電話くださいますようお願いします。
※突然逮捕された場合の刑事事件など,緊急の場合には,上記以外の時間で対応できる場合もございますので,お問い合わせください。(ただし,所属弁護士のスケジュールが全てうまっている場合など,お受けできないこともございますので,あらかじめご了承ください。)

*Zoom相談の場合,比較的大きな通信量がかかりますので,通信容量無制限のインターネット回線を利用することを強く推奨いたします。また,セキュリティやプライバシーポリシーはZoom Video Communications, Incに依存します。Zoomの利用方法について当事務所がサポートすることはできません。
**通信に伴いお客様に発生する費用はご自身でご負担いただきます。

2020年8月27日 8:50 AM  カテゴリー: 法律相談のご案内

この記事をシェアする

Facebook Twitter

【受付開始】刑事実務検討会(9月8日)のご案内

 当事務所では刑事弁護の実務に関するテーマを決めて,当事務所所属の弁護士による報告内容等をもとに,参加者全員でその理解を深める「刑事弁護実務検討会」を当事務所にて定期的に開催しています。
 今回は,当事務所の酒田芳人弁護士、小林英晃弁護士を講師として、勾留理由開示をテーマに研修を行います。勾留理由開示は、憲法にも定められている重要な手続でありながら、刑事弁護実務において十分に活用されているとは言えません。日頃から勾留理由開示を積極的に行なっている2名の弁護士と共に、実際の勾留理由開示公判の手続調書等を参考にした具体的事例を元にしながら、勾留理由開示を積極的に活用する方法を考えていきます。また、講師による模擬勾留理由開示をご覧いただき、手続きのイメージを具体的に持ってもらうことも予定しています。
 この検討会への弁護士・司法修習生・法科大学院生の皆様の参加を歓迎しています。参加を希望される方は,資料準備の都合上,事前にご連絡ください。
 なお、今回の実務検討会はzoomを利用して行います。参加をご希望の方には、事前に検討会のzoomアドレスをお送りいたします。

開催日:2020年9月8日(火)18時30分〜
テーマ:勾留理由開示
講師:酒田芳人弁護士、小林英晃弁護士

参加お申し込み先メールアドレス:kitapubinfo(at)kp-law.jp
※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。

2020年8月11日 9:10 AM  カテゴリー: 研究会等のご案内

この記事をシェアする

Facebook Twitter

土橋→新京橋が無料の理由(弁護士 諸橋仁智)

動画コラムです。 ご視聴ください!

 首都高の「土橋」→「新京橋」区間は無料で通行できます。
実は、この区間は「KK線」といって、首都高ではないのです。
新橋から日本橋方面への抜け道としてとても便利だったのですが。。。

首都高に関係する法律相談は当事務所まで!

弁護士 諸橋仁智

2020年7月22日 2:21 PM  カテゴリー: コラム

この記事をシェアする

Facebook Twitter