永山子ども基金チャリティトーク&コンサートで講演を行いました

 8月1日、大谷恭子弁護士が、第12回永山子ども基金チャリティトーク&コンサート~ペルーの働く子どもたちへ~において、「刑罰と福祉」と題し、“社会福祉の貧困も被告人と共にその責任を分かち合わなければならない”とした船田判決の今日的な意味について講演を行いました。
 

2015年8月10日 4:56 PM  カテゴリー: 講演、執筆等