勾留請求が却下されました

東京地方裁判所において、建造物損壊の被疑事実で逮捕された事件について、勾留をするべきではないという意見が認められ、検察官の勾留請求を却下し、釈放されました。(担当弁護士:大庭秀俊)

2015年8月10日 5:26 PM  カテゴリー: 事例報告