刑事事件の場合

刑事事件の弁護士報酬は原則として以下のようになっています。

【着手金】

事案簡明な事件起訴される前300,000円~500,000円
起訴された後
(第一審・上訴審)
300,000円~500,000円
上記以外の事件起訴される前500,000円
起訴された後
(第一審・上訴審・再審)
500,000円以上
再審請求事件500,000円以上

ただし、事情がある場合には協議により3分の1の範囲で増減することがあります。
さらに特別の事情がある場合には、その範囲を超えて増減することがあります。

報酬は全て税抜き表示です。上記報酬に別途消費税が加算されます。

【報酬金】

事案簡明な事件起訴される前起訴されずに終わった300,000円~500,000円
求略式命令
(書面のみによる裁判を請求された)
500,000円以下
起訴された後
(第一審・上訴審)
執行猶予が付された300,000円~500,000円
求刑よりも刑が軽くなった500,000円以下
上記以外の事件起訴される前起訴されずに終わった500,000円以上
求略式命令
(書面のみによる裁判を請求された)
500,000円以上
起訴された後
(第一審・上訴審・再審)
無罪600,000円以上
執行猶予が付された500,000円以上
求刑よりも刑が軽くなった軽減の程度による相当な額
検察官上訴が棄却された500,000円以上
再審請求事件500,000円以上

ただし、事情がある場合には協議により3分の1の範囲で増減することがあります。
さらに特別の事情がある場合には、その範囲を超えて増減することがあります。

報酬は全て税抜き表示です。上記報酬に別途消費税が加算されます。