日本司法福祉学会第17回全国大会の分科会にシンポジストとして参加しました

 山田恵太弁護士が、2016年8月27日~28日に開催された日本司法福祉学会第17回全国大会「2016こうべ大会」の第2分科会「司法と福祉の支援のギャップを洗い出す―罪に問われた障害がある人の支援に焦点化して―」にシンポジストとして参加しました。
 弁護士の立場から、今までの経験を基に、罪に問われた障害がある人の支援における司法と福祉の支援のギャップについて報告しました。

2016年8月31日 4:45 PM  カテゴリー: 講演、執筆等