全道知的障がい関係職員研究大会において講演を行いました

 大谷恭子弁護士が、10月20日、北海道知的障がい福祉協会運営研究委員会主催の全道知的障がい関係職員研究大会において、「分け隔てなく、あなたらしく、地域で生きる―障害者権利条約から」と題して基調講演を行いました。
 また、同月21日、同大会において、「身近な実践から考える障がい者の人権」をテーマに講演を行いました。

2014年10月22日 1:14 PM  カテゴリー: 講演、執筆等