トピックス -新着記事-

刑事実務検討会(12月20日)のご案内

当事務所では刑事弁護の実務に関するテーマを決めて,当事務所所属の弁護士による報告内容をもとに参加者全員で,その理解を深める「刑事弁護実務検討会」を当事務所にて定期的に開催しています。

今回のテーマは「刑事事件における司法と福祉の連携」です。

罪に問われた被疑者・被告人の中には、障害、高齢、生活困窮などの理由で福祉的支援を必要としている方がいます。そのような方が必要とする福祉的支援につなげることで、不起訴やより良い情状につなげることも、重要な弁護活動です。一方で、福祉の専門家でない弁護士のみによる活動には限界があるため、十分な弁護活動を行うためには、福祉専門職との協働が求められます。今回の実務検討会では、このような福祉専門職と連携しながら行う弁護活動について、弁護人の視点、福祉専門職の視点の両方から考えていきます。

弁護士・法曹志望者(司法修習生・法科大学院生・大学生・予備試験受験生等)の皆様の参加を歓迎しています。

また、福祉関係者のみなさまもぜひご参加ください。
参加を希望される方は、資料準備の都合上、事前にご連絡ください。

当日は、対面とzoomのハイブリッド方式で行います。
会場参加・zoom参加のいずれを希望されるかも、併せてご連絡ください。

なお、会場参加者は20名までとさせていだきます。会場参加希望者が定員をこえた場合は、抽選とさせていただきます。
なお、新型コロナウイルスの情勢に鑑み、zoom参加のみとする場合がございます。

また、実務検討会後に所内にて懇親会を予定しておりますので、是非ご参加ください。
懇親会への参加を希望される方は、併せて事前にご連絡ください。

開催日:2022年12月20日(火)18時30分~
テーマ:刑事事件における司法と福祉の連携
講師:伊藤荘二郎弁護士、橋本久美子先生(社会福祉士、精神保健福祉士等)

参加をご希望の方は
● お名前
● 会場参加・Zoom参加
● 懇親会参加の有無
を記載いただいたうえ、下記メールアドレス宛にお申込みください。

参加お申し込み先メールアドレス:kitapubinfo(at)kp-law.jp
※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。

2022年11月16日 12:51 PM  カテゴリー: 研究会等のご案内

この記事をシェアする

Facebook Twitter

執行猶予判決を獲得しました。

強盗致傷被疑事件(少年)が強盗事件で逆送・起訴され、執行猶予付きの判決を得ました。(弁護士:伊藤荘二郎)

2022年11月17日 3:21 PM  カテゴリー: 事例報告

この記事をシェアする

Facebook Twitter

処分保留の成果を獲得しました。

暴力行為等処罰に関する法律違反迷惑防被疑事件で、処分保留により釈放の成果を獲得しました。(弁護士 宮野絢子)

2022年11月17日 3:10 PM  カテゴリー: 事例報告

この記事をシェアする

Facebook Twitter

勾留請求却下、釈放の結果を獲得しました。

住居侵入、窃盗被疑事件で,勾留請求却下、釈放の結果を獲得しました。(弁護士 平岡百合)

2022年11月17日 3:04 PM  カテゴリー: 事例報告

この記事をシェアする

Facebook Twitter

不起訴処分の成果を獲得しました。

強盗致傷被疑事件で、不起訴処分の成果を獲得しました。
(弁護士:平岡百合)

2022年11月17日 3:03 PM  カテゴリー: 事例報告

この記事をシェアする

Facebook Twitter

東京弁護士会会報に押田弁護士の記事が掲載されました

東京弁護士会の会報『LIBRA・2022年11月号』の連載「パブリック事務所の現在-いま―」に副所長の押田朋大弁護士が執筆した
「次世代の刑事弁護を見据えて―北千住パブリック前編―」が掲載されました。
 
当事務所が設立以来、力を入れてきた「刑事弁護の担い手の養成」についての記事です。
下記で公開されていますので、是非ご覧ください。
LIBRA2022年11月号 パブリック事務所の現在 (toben.or.jp)

2022年11月7日 3:03 PM  カテゴリー: 講演、執筆等

この記事をシェアする

Facebook Twitter
1 2 3 89