トピックス -新着記事-

当事務所では、経験弁護士を募集しています。

当事務所では、当事務所の設立理念に共鳴し、ともに活動して頂ける経験弁護士(弁護士経験3年以上)を随時求めています。刑事事件、高齢者・障がい者の問題、消費者問題、労働事件などの分野や司法過疎対策・法曹教育に意欲的に取り組んでいく熱意をもった方で当事務所にご興味のある方はご遠慮なくお問い合わせ下さい。入所の時期等についてはご相談させて頂きます。
以下、募集要項です。

【募集要項】
1 職種
常勤弁護士(経験者)

2 条件
概ね60期~72期
特に刑事事件に関心があり、民事、家事、クレサラ事件も含め、後進の指導も担当可能な方を希望します。

3 業務内容
弁護士業務全般(事務所の所内相談・法テラス相談・区役所相談等の相談枠及びこれらに伴う依頼事件の担当、委員会活動、所内業務等を含みます。)

取扱分野としては、刑事事件を中心に、民事、家事、クレサラ事件等幅広い分野を取り扱います。
後進の指導も担当していただきます。

4 待遇
給与制です。具体的な給与額は、経験年数等を考慮して定めます。
社会保険:完備
交通費・弁護士会費:全額事務所負担
執務時間・執務場所:定めはありません。事務所のほか、自宅等でのテレワークも可能です。

5 選考方法
書類審査の上、書類審査を通過した方に面接審査を実施いたします。

6 応募方法
下記応募書類を、当事務所宛に郵送にてご提出ください。
(なお、応募書類は返却致しませんので、ご了承ください。)

【応募書類】
① 履歴書(市販のもので可。写真貼付のこと)
・現住所、導入修習中の住所、実務修習地、並びに、ご連絡先として、必ず連絡の取れるメールアドレス及び電話番号を明記してください。
書類選考の合否等、今後のご案内はメールにて行います。そのため、メールアドレスは、お間違えのないようにご記載ください。ハイフン、アンダーバー、大文字、小文字等、間違えやすい文字、記号は特に注意してご記載ください。メールアドレスに誤記や判読不能文字があった場合、ご連絡できないまま手続を進めざるをえなくなることがありますので、ご承知おきください。
② 応募理由書(1000字程度)
③ 職務経歴書(1000字程度)
④ 任意提出書類
・TOEICその他の語学能力を証明するもの、法律関連資格等、弁護士業務との関係で自己PRになるものがあれば、写しをご同封下さい。なお、任意提出書類に該当するか否かの問い合わせには応じられませんので、ご自身で判断して下さい。

【事務所概要】
当事務所は、刑事対応型都市型公設事務所です。
刑事弁護のプロフェッショナルとして、死刑求刑事件など重大な刑事事件の弁護を担うほか、地域に根ざした法律事務所として、区、地域包括支援センター、権利擁護センターなど行政との連携を深め、高齢者・障がい者などの社会的弱者の人権擁護活動にも積極的に取り組んでおります。加えて、過疎地における弁護士需要に応えるべく、当事務所で養成を受けた数多くの弁護士が、ひまわり基金法律事務所や法テラス各地方事務所に派遣されています。さらに、法曹養成に携わり、エクスターンシップ(一橋、慶應、早稲田、中央、上智、青山学院)の受け入れを行っております。

上記の各分野に関心があり、市民のための弁護士として、どんな事件でも厭うことなく引き受ける意欲のある方を求めます。

〒120-0034 
東京都足立区千住3-98-604 千住ミルディスⅡ番館
TEL:03-5284-2101 FAX:03-5284-2104
ホームページ:http://www.kp-law.jp/
Eメール:info@kp-law.jp
弁護士法人北千住パブリック法律事務所
代表弁護士(採用担当者) 押田 朋大

2022年7月5日 5:03 PM  カテゴリー: 採用情報

この記事をシェアする

Facebook Twitter

刑事実務検討会(7月14日)のご案内

当事務所では,刑事弁護の実務に関するテーマを決めて,当事務所所属の弁護士による報告内容をもとに,
参加者全員でその理解を深める「刑事実務検討会」を当事務所にて定期的に開催しています。

今回のテーマは「反対尋問」です。

「犯人はあいつだ」
被告人を指して、証人はそう言います。でも、被告人は犯人ではない。
そんなとき、この証言を崩すには、私たちはどうしたらよいのでしょうか。

刑事裁判では、多かれ少なかれ、被告人に不利な「証言」が現れます。こうした証言に対して、いかに
効果的に反対尋問を行えるかが、裁判の結果を大きく左右します。冤罪を防ぎ、被告人の権利を守るた
めには、反対尋問の技術に習熟することは必要不可欠です。

次回の刑事実務検討会は、7月14日(木)18時30分から、弊所のOBである小林英晃弁護士を講師
兼ファシリテーターとして、反対尋問を中心とした公判での弁護戦略について研修を行います。
尋問技術の基本を確認しつつ、弊所弁護士の実際の経験談なども踏まえ、参加者全員で、よりよい反対尋
問について考えていきたいと思います。

弁護士・司法修習生・法科大学院生の皆様の参加を歓迎しています。

参加を希望される方は,準備の都合上,事前にご連絡ください。
なお,今回の刑事実務検討会は,Zoomを利用して行います。参加をご希望の方は,事前にURLをお送りい
たします。

開催日:2022年7月14日(木)18時30分~
テーマ:反対尋問
講師:小林英晃弁護士

参加お申し込み先メールアドレス:kitapubinfo(at)kp-law.jp
※お手数ですが,送信の際は(at)の部分を@に置き換えてお送りください。

2022年6月23日 3:07 PM  カテゴリー: 研究会等のご案内

この記事をシェアする

Facebook Twitter

勾留請求却下、釈放の結果を獲得しました。

窃盗被疑事件で,勾留請求却下、釈放の結果を獲得しました。(弁護士 國府田豊)

2022年6月23日 3:00 PM  カテゴリー: 事例報告

この記事をシェアする

Facebook Twitter

特定少年について(弁護士:國府田豊)

特定少年について刑事専門サイトにコラムを掲載いたしました。
特定少年 | 刑事事件専門サイト|北千住パブリック法律事務所 (kp-law.jp)

2022年6月1日 2:18 PM  カテゴリー: コラム

この記事をシェアする

Facebook Twitter

外国人事件について(弁護士:國府田豊)

外国人事件について刑事専門サイトにコラムを掲載いたしました。
外国人事件について | 刑事事件専門サイト|北千住パブリック法律事務所 (kp-law.jp)

2022年5月27日 3:07 PM  カテゴリー: コラム

この記事をシェアする

Facebook Twitter